Invitation au Publique: Jeudi 18 Octobre !

18 Octubre, 2012 de 10h30 à 12h00

福島県の郡山市から83名の専門学校生達がパリにきました。
彼らは郡山の国際アート&デザイン専門学校の生徒達で、パリにあるESRA校を訪問しました。学生の作品発表のほかに福島の現状をお話ししました。
 
Cet événement se presente avec l'actualité de la crise de Fukushima, avec des témoignages des 83 étudiants de la préfecture de Fukushima et à la rencontre avec les élèves de l'ESRA.

Entrée libre jeudi 18 octobre de 10h30 à 12h à l'ESRA.


L’ESRA
135, avenue Félix Faure
75 015 Paris


Tél. : 01.44.25.25.25
Fax : 01.44.25.25.14



Presentation des élèves de "Collège International d'Art et du Design du Japon"

http://www.art-design.ac.jp/index.html

Avec le soutien du L’ESRA, École Supérieure de Réalisation Audiovisuelle et en partenariat avec Association Ganbalo.

http://www.esra.edu/ecole-de-cinema/esra

Citizens Fund KOBE - Screening & Talk Salon Vol.3

13 Octubre, 2012 à partir du 14:00 à Nishinomiya, Japon

第3回  "ずっと・こころ・つなぐ" 上映会&トークサロン in 西宮

 

10月13日(土)14時から、『東北・再興の記録 3.11』上映とゲスト・スピーカーにNPO法人アットホームホスピスの吉田さんと岸田さんをお迎えして、阪急西宮北口駅近くの西宮市男女共同参画センター・ウェーブで開催しました。

 

今回は、西宮市の後援をいただき、阪急西宮北口駅南口から100メートルの「プレラにしのみや」4階にあります「西宮市男女共同参画センター・ウェーブ」にて、NPO法人アットホームホスピスとの共催でした。

昨年6月より地元西宮からボランティアナースとして石巻市・気仙沼市を中心に1年間、避難所、そして仮設住宅に至るまで、被災者の方々に寄り添ってこられた岸田広子さんに、1年間の活動の様子をお伺いしました。


もう一人は西宮市ではお馴染のNPO法人アットホームホスピスの吉田鉄郎さんでした。先日、鉄郎さんは柳田邦男さんと被災地の在宅医療について対談してこられたそうです。



Copyright (C) Shimin kikin KOBE
Copyright (C) Shimin kikin KOBE

今回は、昨年6月から主に宮城県の石巻市と気仙沼市へ看護ボランティアを1年間派遣されたNPO法人アットホームホスピスさんの活動報告も兼ねて開催いたしました。

 

上映したのは、これまでと同じくドキュメンタリー映画「東北再興の記録3.11」で、被災から半年後の昨年9月の気仙沼市の人々の様子を描いたものです。撮影から1年以上経つわけですが、なかなか進まない「復興」のあり様を、改めて見つめ直すことができたのではないかと思います。

後半は、NPO法人アットホームホスピス代表の吉田さんと実際に1年間現地で活動された岸田さんのお話をお聴きしました。


このイベントは、「震災」のことを忘れていませんよ!というメッセージを発信することが一つの目的なのですが、さらに吉田さんのお話のとおり、様々な復興の姿を知るきっかけとなって、小さくてもひとりの行動を生み出すことにつなげていければと願っています。