Citizens Fund KOBE - Screening & Talk Salon Vol.1


le 25 Août, 2012 à partir du 15:30 à Kobe, Japon

© Citizens Fund KOBE
© Citizens Fund KOBE

8月25日(土)、神戸・岡本商店街の中にある岡本好文園ホールにて、第1回の "ずっと・こころ・つなぐ基金" 上映会&トークサロンを、岡本商店街振興組合との協働で行いました。

 

東日本大震災が発生してから、商店街ぐるみで気仙沼の復興に尽力されてきた岡本商店街振興組合ですが、8月25日(土)・26日(日)の両日、岡本サマーフェスティバルを開催しました。

http://www.kobe-okamoto.or.jp/index.html

夜店もにぎやかに、商店街全体が舞台となります。人気の気仙沼のアンテナショップ「まただいいん」も、「ちょこっとまただいん」という気仙沼のお酒と肴が食べることができるお店を併設してバージョンアップ!!

http://www.facebook.com/matadain

そんな中、25日の15:30から岡本好文園ホールにて、震災の記憶を風化させず、私たちひとりひとりの想いを共有する場として、第1回 "ずっと・ここ ろ・つなぐ" 上映会&トークサロンが行われました。当日上映した「東北再興の記録 3.11」(※1)は気仙沼を舞台にしたドキュメンタリー作品です。

映画を見て、気仙沼の話を聞いて、気仙沼の味に堪能する!! 岡本でどっぷり気仙沼を味わえる貴重な機会でした!

なお、当日は1口千円から、寄付金を募りました。お預かりしたご厚志は、当基金内に設置されている「ずっと・こころ・つなぐ基金」に積み立てられ、東日本大震災被災者のためのKOBE発のボランティア活動を支援するための助成金として活用いたします。

※1) ドキュメンタリー映画「東北 再興の記録 3.11」

 

パリ在住の富樫一紀氏が発起人として活動しているフランスの非営利団体ASSOCIATION ANBALO所属の栗本監督らが、2011年9月9日から気仙沼を中心に各地で取材。瓦礫の中から立ち上がり、歩みだした人々を描いています。

 

番外編として、震災により廃校が決まった気仙沼女子高等学校の吹奏楽部を訪問した作曲家の大島ミチルさんが、オリジナル曲 「エスぺランス(希望)」をプレゼントするエピソードや、ユニセフから招待されて東京霞が関ビルで開かれたクリスマスコンサートで演奏する様子も記録され ています。

 

被災から半年後の昨年9月の気仙沼で、なかなか報道されていない復興へ着実に歩みだした人々の様子を描いた秀作です。

 

(本編34分+気仙沼女子高等学校吹奏楽部編24分)

 

<取材地域> 唐桑ビジターセンター、牡蠣養殖組合の皆さん、水山養殖場、気仙沼女子高等学校、気仙沼漁港、合同慰霊祭、大船渡 三陸ボランティアダイバーズ、階上エリア、湾岸エリア、鹿折エリア

 

<協力>三陸ボランティアダイバーズ、気仙沼女子高等学校、気仙沼市役所ほか


Les Enfants de FUKUSHIMA à Paris


le 19 Août, 2012 à Maison de Kiso


連日の暑さのなかで、福島県いわき市から来ている隆晃くん、達裕くん両名は元気にパリ見物の最終スケジュールをこなしました。19日の日曜日には午前中にモンマルトルのサクレクール寺院を見た後、ジャンヌ・コビーさんの管理するブローニュの森にある木曾の民家へ有志が集まって送別ピクニックを行いました。パリに来ている音楽留学生が琴の演奏で二人の出発を祝いました。

 

夕方空港に送り搭乗ゲートに消えていく二人を見送りながら、この2週間があっという間に過ぎ去ったことを実感しました。彼らも同様でしょう。今回の滞在中二人の人生に有意義なひとときがあったことを祈ります。すれ違った多くの人々との一期一会を実感してもらえたら幸いです。



Les Enfants de FUKUSHIMA en France


à partir du 5 Août, 2012


福島のいわき市の小中学生男子2名がフランスでの夏休みを過ごすために到着した。

 

日本民俗学研究プログラム担当者で「フクシマの子どもたち」を主催するジャンヌ・コビーさんは少しでも多く、福島の被災地に住む子どもたちをフランスで過ごさせてあげようと、イベントで物を売ったりして募金を集めた。今年の夏休みは1ヶ月間、フランスの家庭で過ごしたいと希望したいわきの小中学生を呼んだ。


フランスのNPO法人ASSOCIATION GANBALOはこの運動をサポートしています。


そのうちの一人に隆晃くんは、ジャンマルク・タンゴというフランス人の写真家の別荘でホームステイしている。奥さんはジュリアンさん、ドイツ人のグラフィックデザイナー。長男のポール11歳と次男のルイ9歳の4人家族。言葉が通じなくても、子ども同士の意思疎通はうまくいっている。
 
同じ年頃なので良い意味でのライバル意識も刺激して、長男のポールと隆晃くんは競争で、数字の100までそれぞれフランス語と日本語で数えられるようになった。毎日スポーツ三昧でサッカー、バドミントン、テニス、水泳と事欠きない。彼らは皆チェスが大好きで暇があるとチェスに興じてもいる。
 
森の中に子どもたちで木の上の小屋を建てるというプロジェクトも始まった。福島の子供達には何よりも放射能汚染を忘れて自然の中で走り回れる環境を与えたい、そして海外での生活を通して広い視野と知識欲を膨らませて欲しいと願う。
 
ASSOCIATION GANBALOは福島の子どもたちの未来を案じて、この活動を続けています。福島の子供の未来は日本の子どもたちと同心円です。その先には日本の未来がつながっています。


BD avec l'orchestre


"La Terre Interdite, Fukushima" avait une version orchestrée de la musique principale.

 

Le film a une BD magnifique. La partition originale a été composée et enregistrée par Michiru Oshima. Avec son piano solo, la musique émotionnelle et intense du thème a été écrite et interprétée pour le film avant.

 

Cette pièce de l'orchestre est également incroyable et tout simplement merveilleux! 

 


Les traductions et le sous-titrage


Maintenant, le travail final est mettre fin aux traductions et sous-titres.


Nos équipes de traduction en anglais, français, espagnol, allemand et chinois ont déjà travaillé sur les sous-titres pour le film tout au long du mois, en essayant de terminer le film dès que possible.


Notre plan est de sortir le film en Septembre, 2012, pour honorer le 18 mois anniversaire de la tragédie du Tohoku. Nous travaillons également avec des bénévoles pour préparer des projections.


Nos excuses pour le retard dans la production du film. C'est presque prêt à sortir!


Merci encore pour votre soutien!